www.asahi.com さんのブクシィ日記

学校も児相も…外国籍女児守れず 炎天下の車に遺体:朝日新聞デジタル友人まで公開
この夏、炎天下の車の中で6歳の女の子が遺体で見つかりました。ブラジル国籍のナガトシ・ビアンカ・アユミさん。今春、小学生になったばかりでした。足跡をたどると、人知れず送っていた過酷な暮らしの一端が見えてきます。学校や行政機関の対応は十分だったのでしょうか。外国籍児童の不就学などに詳しい専門家と検証します。(小川尭洋) 工場や住宅が立ち並ぶ四日市市大治田地区。外国人住民が多く暮らすアパートでアユミさん...

» 学校も児相も…外国籍女児守れず 炎天下の車に遺体:朝日新聞デジタル


コメント (4)

コメントを書く

quick_past
四日市もブラジル人の労働者多いんだよね。つらい・・・
chirasinouramemo
学校・教員に権限も与えずにその役目を押しつけちゃうのか?先生は超能力者じゃないぞ。
p8q
"同居していた母親(26)の内縁の夫、トクダ・バレロ・フェルナンド・ホセ容疑者(35)=ペルー国籍=を死体遺棄容疑で逮捕"。児童虐待の被害に遭ったのが外国人の少女でした、という理解ではダメなの?
AFCP
悩ましいなあ。姉を児相に託したように自ら援助を求めてくる家庭のリスクは低めに評価されそうだものな。実際それが正しいことも多いだろうし。

コメントを書く

ブログ

最近の日記

一覧へ

akiyan.com track feed