www.4gamer.net さんのブクシィ日記

「とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)」発売直前インタビュー。亙 重郎氏が語る「バーチャロンの新ビジョン」と「ロボゲー論」 - 4Gamer.net友人まで公開

コメント (33)

コメントを書く

dice_k00
何と言うか、めんどくさそうな人だなあ、という印象
RPM
「ゲームとしてのインパクトや知名度はともかく、ビジネスとしてはバーチャロンは上手くいかなかった」的な話を前々からしてたと記憶してるけど、スタンスとしては今も変わらなそう。
moondriver
経緯は聞いたし理解もするけどそれでもやっぱり残念な部分(ツインスティックが出ないとか)はあるものの、なんと言っても待望の新作だし、次に繋がってほしい希望も込めて限定版予約済み(なおPS4は持ってない
kamei_rio
ボーダーブレイクさんが眩しすぎた。それでもオンライン対戦の実現どころかフォースまで発売してくれたXbox360には感謝しかない
twotichen
多少は知ってる作品とのコラボなら買ったんだけど、とある何とかは全く知らないからなあ。おっさんも若者も両方敬遠する結果になりそうな気がする。
Nilfs
ポリシー強めだなぁ。わりかし好き。操作難しそうで全然やったことないんだよなぁ
Sigma
「なぜ15年間も新作を出せなかったのでしょうか」 Xbox360版 フォース メモリアルボックスによると、オラタンで1/3しかプレイヤーが残らず、インカムが散々になってしまった為。今は、ボーダーブレイクも稼働してるしな
Barton
バーチャロンに初代からつきあってきた身としては、云わんとするところがよく判る。ただ、俺にとっては、バーチャロンはいつも働く原動力になっていたのは確かだ。OMG、オラタン、フォース、マーズ…歴代がね。
bigburn
箭本君がDr.ワタリに話を聞くという、スゴいコアなインタビューだ
toronei
インタビュアーが富野マジックについて掘り下げてくれなかったから、亙さんが自ら語りだしてるなあ。
fan-tail
『富野マジック』また対談する流れすか…
Vorspiel
明日発売か。体験版やってみなきゃ
FutureIsWhatWeAre
"富野作品のように人間離れした情念を放射する濃い作品"
ming_mina
半分くらい富野の話だこれ
nopi
富野マジック
sbedit1234
"実は,初代からオラタンに移行するときにユーザー数がガクンと減っているんです" "ツインスティックは修理やメンテナンスといった店舗側の負担も大きく,当時からしてお店からのクレームが多かった"
hedachi
バーチャロンすごく好きなんだけど、このアニメに興味がないし、雰囲気がすごく安っぽくなってしまって正直残念。一応体験版やってみたけど見送ることにした。普通に続編が出たらやりたいけどなあ
looondooon
やってみたい気はするんだよなー。レビューが気になる。
kettkett
e-sport隆盛だから チャロンリメイクしていっちょ噛みしましょうとは絶対言わなそうなお方だからなぁ
hariopip
瓦さんが真摯に続けていることに感激する。新しい要素は車とか現実の操縦に即してるのかなというのとeSportsを想定してるのかしらん。
zinota88
モンハンも気になってるけどやっぱこっち。
hi_kmd
自分にとってはバーチャロンとツインスティックは切り離せない存在なので、ビジネスなど様々な条件でその特徴が失われて行くのは寂しく思う。
raimon49
>1990年代後半から2000年代前半まで,セガはポリゴンの助けを得て輝いていました。レースゲームから対戦格闘まで,ポリゴンを使ってゲームを作ったら,みんなが未来的なイメージを抱いてくれたんです。 / 熱い富野論も
sds-page
VRでジャンプキャンセルやりまくりガックンガックン揺らしまくりしたら確実に酔う
mashori
長い間のバーチャロンロスはボーダーブレイクが埋めていたのではないのかな。でもまあとりあえずやってみる
pasonco
しんどさを感じるインタビュー
orangehalf
ロボットに人が乗って戦うものだと思うのは富野マジックにかかった経験の有無なのか
cider_kondo
久しぶりに瓦(本名(違))見たけど老けたなあ/サタマガでのオラタン作る前のネガティブ発言(プリクラに勝てないetc)とか覚えてるけど、戦える企画作って通すって本当に大変だよなあ…
babamin
発売日前日とは思えない、悲愴感溢れるインタビューだw まあ体験版で安心したので、後は予約分を待つのみ。/オラタンは偉大だったが、結局某サードと同じく『上級者しかついて行けなかった』作品で、功罪あるよなぁと
kagehiens
オラタンはマニアの言うことを聞きすぎた結果、敷居の高いゲームになってしまってた、という自分の感想は結構的を射たものだったのだと妙に納得した。
unamuhiduki12
亙のガルパン艦これ評「作品としてはミリタリーが基礎体力となっている一方で,ユーザーに対しては美少女を面白がるためのガジェットとして機能させるように,緻密な構成がなされている」
t714431169
ロボットものってミリタリー趣味をヌルく満たしてくれるものというセールスポイントがあったと思うんだけど、そこはガルパンや艦これにとられちゃったよねえ。
mori-tahyoue
富野マジックとその呪縛

コメントを書く

ブログ

最近の日記

一覧へ

akiyan.com track feed