rkx1209.hatenablog.com さんのブクシィ日記

高度標的型攻撃や国家に支援された攻撃の仕組み - - るくすの日記 ~ Out_Of_Range ~友人まで公開
2018 - 06 - 21 システムソフトウェアに対する攻撃の歴史と傾向 - 高度標的型攻撃や国家に支援された攻撃の仕組み - Security Exploit Linux OS Kernel Tweet A History of system-level offensive security researches: How is your system compromised by natio...

» 高度標的型攻撃や国家に支援された攻撃の仕組み - - るくすの日記 ~ Out_Of_Range ~


コメント (32)

コメントを書く

mkusunok
ブログ記事というより論文じゃねーのという力作。システムソフトウェアのインテグリティ確保は悩ましい課題
blp1526
"敵の手の内を知る"
kkamegawa
すごいまとめ。
ya--mada
どっかに寄稿しようとしてたのか…
golden-lucky
途中まで英語圏の記事の翻訳かと思い込むような書下ろし記事だった
benridane111
OS,BIOS,ファームウェア,チップセットを狙った高度な攻撃。根から乗っ取ろうとしている。
isrc
高度なサイバー攻撃に備え、対策を講じていくために私達技術者、研究者が出来る事は、まず敵の手の内を知ることだ。システムソフトウェアに対する攻撃に関する研究成果を歴史と共に紹介していき、概説していく
koyancya
モリスワーム...... -> "Morris Wormがバッファオーバーフローバグを侵入のための手段として用いる事で実用的な攻撃として認知され始めた。"
k-kurikuri
肉厚な記事だ
kfujieda
すごいまとめ。さすがるくす君。
mztnex
サーベイ論文と言っても差し支えない内容だった
katsyoshi
あとでよむ
stealthinu
これはすごいまとめ。メール使った攻撃とかそういうのの歴史は自分もある程度把握してたと思うのだがカーネルとかVMとかへの攻撃の歴史とか知らんことばっかりだった。
kenzy_n
大戦略や天下統一を作っていたシステムソフトへの攻撃かと思ってしまった。
clamm0363
システムソフトアルファに空目するよね
masterq
すごいまとめでは、、、
sho
ぎょえー、すげー
bootJP
思ったより重いので週末に読む
tetsutalow
ざっとみただけでも力作。あとでゆっくり読みます。
FukaEnogu
ブログ記事でここまでやるか! 濃度が論文級。
ttop
電車の中で読み切れる内容じゃない後で読む
Nobeee
これは、後でキチンと読む!
Helfard
大戦略が大戦略されたのかと
i-ken
これは読み応えあり。資料もたっぷり。
kabuquery
む、難しい
hitoriyokozuna
“1975年Jerome Saltzer氏は情報保護の基本原則に関する論文で、システムの設計理念として"権限分離"や"最小権限の原則"(Least privilege)"を提示している。[2] ”
field_combat
内容濃い
georgew
かなり専門的。
usurausura
情報セキュリティの研究分野の中でも特に実用化までのスピードが速そうな印象https://thinkit.co.jp/tag/6748 今年のLinux Security Summitは10/25-26に英エジンバラで開催https://events.linuxfoundation.org/events/linux-security-summit-europe-2018/
zuzu_sion
凄い力作のセキュリティ読み物。後で読む。
majidaru
レビュー論文では

コメントを書く

ブログ

最近の日記

一覧へ

akiyan.com track feed